行政書士に任せて安心書類作成【安定した対応力が魅力的】

男性

利用となるポイント

man

業務内容と特徴

行政書士は、官公庁などへ提出する書類作成や申請を代理で行うこと、および相談に対してアドバイスを行うことが中心となるものである。行政書士と対比するものとして弁護士があるが、行政書士ではできる範囲や活用においてある一定の制約を受ける部分がある。行政書士も弁護士も法律に関する相談などを受けているが、行政書士ではその範囲が限定されているのだ。前者では、相手との争いがある場合には法律業務を行えないということがある。その為、行政に関する申請や相談事に関して行ってもらうことが中心になる。弁護士に比べると、これらの相談をしやすいということから、行政書士の利用にはメリットがある。また、料金面においても比較的安いということで、相談の敷居はそこまで高くないのだ。場合によっては、初回は相談無料としている場合もあるので、きちんとリサーチしてみると良いだろう。

事務所利用と工夫

東京においては、行政書士の事務所が多くある。これらを利用する際には、活用のコツがある。まずは、事務所によって価格設定が大きく異なる場合があるということがある。東京においては、事務所が多い分、価格の違いも大きくなっている。その為、東京でこれらの事務所を活用する場合には、十分に比較をした上で利用することがポイントになる。また、対応の良し悪しについても比較が重要になる。東京では事務所数が多いため、対応内容も様々である。その為、インターネットの口コミなどを活用しながら、より対応内容の良い事務所を選択することがポイントになる。特に相談業務で活用する場合には、担当者の質に大きく左右されるため重要になる。

弁護士を訪ねるメリット

man

現在の法律問題の多様化により、弁護士には自分の専門分野を確立する傾向があります。そして離婚問題に関しても、専門的に扱う弁護士や弁護士事務所が少なく無いのです。離婚を少しでも考えた際には離婚の現実がどのようなものかを把握する意味でも、まずはこうした専門性のある弁護士を訪ね、相談してみることが有効です。

» 詳細へ

慰謝料に逸失利益を請求

説明

交通事故によるむちうちで後遺障害が発生した場合、休業損害や慰謝料とは別に逸失利益と慰謝料が認められます。逸失利益の算定は、等級によって決められますが、おおむね数値より低い算定がされます。継続期間は、回復の可能性があるので、期間が限定されます。

» 詳細へ

払い過ぎたお金を取り戻す

説明

過払い金返還請求は、既に完済していても、最後の支払いから10年が経過していなければ、請求の対象となることがあります。また、千葉県でも過払い金返還請求の事例が増えてきたのは、10兆円にも登る過払い金を巡り、訴訟が増加しているためで、それに伴い、千葉県にも腕の良い弁護士や司法書士が増えています。

» 詳細へ